ニコチン入りリキッドのVAPE使用

新感覚の電子タバコのVAPEにはたくさんのリキッドがあり、欧米ではお洒落な嗜好品としてすっかりその地位を確立していると言われています。日本ではニコチン入りのリキッドは販売されていませんが、欧米ではニコチン入りリキッドというのが販売されていて、これによって少しずつニコチン摂取量を減らしていくという、まさに喫煙のための使い方もできるということから、日本でもこれを使ってみたい、と思う人は多くいるのではないでしょうか。ニコチンは長年摂取していると、切れてくるとちょっとしただるさなどを覚えると言われますから、摂取量を徐々に減らしていく事が大事です。禁煙ガムなどはそうした理屈から作られていますから、それを水蒸気の煙を使って行えるVAPEなら、よりタバコを吸っている満足感を得ながら、着実にニコチン摂取量を減らしていけるメリットがあると言えそうです。

メンソールタバコ愛用者とVAPE

欧米ではお洒落な嗜好品として認知されているVAPEですが、日本ではまだまだその認知度は低いと言ってよいでしょう。あまり街中で吸っている人を見かけることがないため、買っている人自体が少ないのかと思っていたら、ネット通販では結構買われていることがわかりました。ただし、みんなまだ外で吸っていると珍しがられる、という理由からもっぱら家で吸っているようです。そもそも喫煙習慣を何とかしたい、という気持ちから買う人が多いため、まずは家で試そう、ということなのかもしれません。それがうまくいけば外へも持ち出して、最終的にはタバコが吸いたくなってもVAPEだけで満足できる、という状態にたどり着くのが理想です。そのためには、満足できるフレーバー探しがかなり重要ですが、ミント系が人気なだけに、メンソールタバコ愛用者なら意外とうまくいくかもしれません。

ニコチン入りリキッドとVAPEの活用法

日本でもネット通販などで買えるようになった新感覚の電子タバコ、VAPEですが、フレーバーリキッドにニコチンが含まれた物は販売されていません。法律上の理由から日本では発売されないということですから、もしニコチン入りフレーバーが欲しいなら、海外旅行でもした時に買ってくるしかないでしょう。そもそもニコチンには中毒性がある事から、いきなりニコチンを完全にやめてしまうと、逆に吸いたくてたまらない、という反動が出る事があります。そのためVAPEで禁煙をしたいと考えるのであれば、徐々にニコチン摂取量を少なくしていく方法が理想的である、と言えるでしょう。少なくとも本物のタバコを吸うよりも確実にニコチン摂取量は減りますから、いかにその量を少なくしていくかがポイントになります。その意味では、日本でもリキッドを販売してもよいのでは、という気もしてきます。